実際の預金相続手続きについて

金融機関の相続手続きと一言で言っても、結構銀行ごとで手続き方法が異なるので、大変なこともあります。
 
必要書類についてはそれほど大きく異なる訳ではありませんが、中にはちょっと首をかしげたくなる書類を要求してくる場合もあります。
 
また、手続きの手順も店舗だけで済むもの、店舗に届けてから担当部署と郵送でやり取りするもの、また、すべて郵送でできてしまうものなど様々です。
実際に店舗に行く場合も、該当口座がある支店でなければならないケース、どこの支店でもOKなケース、また、店舗にて担当部署とテレビ電話でやり取りするケースとやはり非常にバリエーションに富んでいます。
 
遺産の口座が多岐にわたる場合、高齢の方や、また時間の余裕のない方は大変だろうなーと感じることもあります。
特に大変だと感じるのは、手続きのため金融機関ごとの所定の用紙に記入する作業です。
とても楽なところもあれば、多くの枚数の用紙に記入を求められることもあります。
 
いずれにしても、そういうときのために我々専門家をご活用いただければ良いと思います。

 
当事務所へのお問い合わせはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です